委員長挨拶


はじめまして堀田喜久男と申します。 

日本語の言葉の発達では、1語文は1歳前後、2語文発語の出現は1歳半ごろで、これから2歳前後にかけて2語文の急速な増加が認められる。そして、言語の基本的部分の獲得は3歳ごろまで続く。障害児の多くはこれよりかなり遅れて発達し、多くは停滞すら認められるので、早期からの言葉の発達の支援が効果的であり必要であります。 


委員長の経歴

1932年 愛知県に生まれる 

1954年~ 愛知県および名古屋市小学校(普通学級)、 

中学校(音楽)教員 

1970年 名古屋市教育研究員(音楽) 

1970年~ 東京芸術大学教授 松本民之助(作曲)に師事 

1993年 名古屋市小学校教員 

(特殊学級担任6年間を経て) 定年退職 

1993年~ 2年間 名古屋市非常勤講師 

(特殊学級および普通学級) 

1995年~ 2年間 奈良市音楽療法士養成コース講師 

1995年~ 発語音楽研究所 主宰 

1995年~ 3年間 愛知国際病院言語訓練室顧門 

1997年~ 日本音楽療法学会 認定音楽療法士 

2004年~ 金城学院大学人間科学部 芸術表現学科 

非常勤講師 

現在 日本音楽療法学会 評議員 

同東海支部副部長 

愛知県音楽療法研究会コーディネーター 

受賞等

1988年 第14回特殊教育教材教具優秀作品 

財団法人 心身障害児教育財団 銀賞 

1989年 第23回NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞優秀 

1989年 指導体験記録 名古屋市教育委員会指導室 特選 

1990年 教育論文 愛知県教育振興会 優秀賞 

1992年 第17回特殊教育教材教具優秀作品 

財団法人 心身障害児教育財団 金賞 

平成4年度 

科学研究費補助金(奨励研究(B))交付 文部省 

1993年 第42回読売教育賞 

読売新聞社<障害児教育>最優秀賞 

2005年 ワンダフル・サードエイジ2005 

 



日本ことば療法学会

〒452-0821 愛知県名古屋市西区上小田井2丁目98番地

TEL 052-505-5255    FAX 052-505-5255

email: takada@aroma-nagoya.com